Building block(仮)

新卒2年目の独り言.(2年目になりました.)

○モーニングノート~評論家脱出計画~

 

f:id:noxtuch:20151225170541j:plain

 

ある人間を判断するには、その人の言葉によるよりは、むしろ行動によって判断するようにしたほうがよい。なぜなら、行動はよくないのに言葉は素晴らしい人間が多くいるからだ。

これは マティアス・クラウディウスという19世紀のドイツの詩人の言葉。

-----
観点①評論家脱出
評論家ってまさに僕です。
モーニングノート教えていただいて一日目。
書く気はあります。でも案外書けないのが現状です。

題して名言に物申す。
言うこと立派やけどあいつに言われたら腹立つ。行動量はあるけど何のためにやってるん?って聞かれたら答えられない。
そんな人間が今ままでの僕です。俗にいう、行動に意味がないやつ。

 

考えと行動をつなげる、そんなことを1月のテーマにしようと思う。
何のためにこれやったの?これをやるのはなぜ?って問いを増やしていこうと思う。

 

評論家脱出へ。
具体的なプランは、やりたいこと(心から湧き出るpassion、心の声に敏感になる)を
やるだけで考えと行動の間にある迷いは出てこないと思うから。
一日一個、どんな小さなことでもいいからやりたいことをやってみる。

観点②経験を言葉にする。
もういっこ!
一番尊敬するのはこういう言葉を自分の経験から生み出した人です。
銭形警部<ルパン。やっぱり0から何かを生み出せる人はかっこいい。泥棒を崇拝してるのではないけれど。
無理にルパンにならなくてもいい。自分が銭形警部の素質が多いなら銭形警部になればいい。

観点③
極論言うと相手を評価することなんてできない。自分の内省のために名言は使っていこう!相手に対して使いだすとまさに評論家まっしぐらな気がする。

 

 

【整理】
評論家を脱出する。
task)やりたいことをやる。→やるかやらないかの迷いがなくなる。→すぐに行動に移せる。→サイクルぐるぐる回す。→行動と考えがリンクする。