Building block(仮)

新卒2年目の独り言.(2年目になりました.)

○就活解禁前 体験談~正攻法から外れる勇気~

なんと不毛な就職活動だったか。

1.数万人から自分を選んでもらうために、色々な工夫をする。でもその工夫はみんながやるから結局みんなと同じになる。
2.企業はやらせたい仕事があるから採用するのに、やりたいことを面接で聞く企業。
3.働くための就職活動なのに、とりあえず入社するために猫をかぶって何者かを演じる就活生。

これは全部、僕がやった勘違いです。今から考えると茶番でしかないんやけど当時は真剣でした。

ナビサイトを使わないっていうのも1つのやり方かもしれないなあ。具体的には自分の足を運び、自分を売り込む感じ。訪問販売で商品が自分みたいな感覚。ちょっとハードル高いなら、ダイレクトリクルーティングサイト。去年は実際に使っていたけど、自分を見てくれている感覚はあった。

ただ、これ一本でいくと視野が狭くなること、自分に決断が委ねられる割合が多いので自分で決断できる人にオススメです。選択肢を作りたい人、選択肢を与えられたい人、選択肢なんかいらないから答え(就職先)が欲しい人。どの人も間違っていないし、それぞれが一番有利な方法をとればいいと思う
。ただ、自分が決めたことにはちゃんと尻を拭かなあかん。

僕がマイノリティの方法をとれなかったのは、マイノリティに所属する勇気がなかったからです。小さい頃から親に王道を行くように、と言われた僕は正攻法でナビサイトから大量にエントリーをして、やりたいことを無理矢理作り、大量に不採用の通知をもらいました。遠回りばかりの就活だったけど、多くのことに気付けたのも遠回りした苦労のおかげです。
自分が決めたことはきっちり尻拭きます。

本音は卒業旅行の計画をするにつれ、学生時代もっと延ばしたいですが 笑

ちよさく.