Building block(仮)

新卒5年目の独り言.(5年目が始まりました.)

◯SPECを見て感じたこと【ネタバレ含む】

こんばんは。

SPEC劇場版見終わりました。

面白かったー!ドラマ版から劇場版にかけて、一気にスケールが大きくなりました。

見終わった後でこんなにも考察、解説を読みたくなった映画は他にはなかったかも。

ドラマ版では、単に凡人にはできないこと(未来が予言できたり、相手が考えていることがわかったり)ができるSPECフォルダと呼ばれる人がいることがわかる。当時はSPECほしいなあとか思って見ていた。

映画版では、地球における人類は2種類いることが明かされる。SPECフォルダは旧人類、凡人が新人類。SPECフォルダの主張は、環境を壊して自分たちの欲望のまま生きている凡人たちが地球を壊していることは大きな問題でありリセットしなければいけない。しかし、リセットの引き金はあくまで凡人たちに旧人類が試練を与え、それを平和的に乗り越えられるかにかかっている。そのため旧人類が凡人を破滅させたわけではない。凡人の各国の偉い人がSPECフォルダを見下した発言や態度は滑稽だった。

そんな中で当麻と瀬文はどうするのか。衝撃のラスト。

映画を見終わったら、SPECを持ちたいという感情は消えていた。

そもそもSPECは持ちたいと思って持つのではなく強い思いがSPECを生むと感じたから。もし自分にSPECがあればもっと簡単にできることも増えるはず。しかしできないからこそ、できるまでの努力の過程が楽しい。SPECはそんな人生のささやかな楽しみを奪ってしまうものでもあるなあと思った。

SPECの世界観はそんな小さいことは問題にはなっていないけれど、

海野先生の「才能は自分が望むものと一致しない」やできないことは豊かということは少し自身の考えと共通しているなと感じた。

また、御前会議やファティマ第三の預言や並行世界などSPECの物語にとどまらない歴史の教科書に出てくるような用語もたびたび登場し、ますます解説を読みたくなった。

 

放送当時に見た時と今では抱いた感想も変わっていた。

これだから以前見た作品の見返しはやめられない。

堤幸彦監督にハマりそう。

 

おやすみなさい。

ちよさく.

 

◯SPECにハマる

こんばんは。

このごろ夜更かしが続いています。

緊急事態宣言の解除も濃厚になり、来週からは通常通り出社の様子。

平日の在宅勤務も終わることで、平日おうち時間も終了かなあ。

そんな中ではまっているものがあります。

コレ。

映画やドラマを見たら、毎回考察が気になってしまう。

まだドラマ版しか見終わっていないけれど、早くも続きが気になる。

・津田はなんで生きているの?

・最後に助けてくれたのは一十一?

このタイミングで考察を見るのはいったん我慢して、次のシリーズへ!

 

ちよさく.

◯SPECがじわじわきている@おうち時間

こんばんは。

劇場版名探偵コナン(失踪事件含めて・ルパンシリーズ除く)を24作品連続で見終わりました。あー!本当に見ごたえがありました。

昔は金曜ロードショーを楽しみにしていたのが懐かしいです。

たまーに放送されるので毎週金曜日は新聞のTV欄チェックしていたのを思い出します。

これから何を見ようかなあ。

 

ちよさく.

◯総理大臣になりたかったぼくが周りと比較することをやめた

こんばんは。

今日はさぼらず、書きます。

どうやら緊急事態宣言も一部の県が5/15ぐらいには解除するとのこと。

決定前に情報の先出が多くて世論の動きを見ているのかなあ。

政治っていろんな人に遠慮しなくちゃいけないものみたいで大変そうだなあ。

そういえば、昔は総理大臣になりたいって思った時期もあったなあ。

理由はなんだかかっこよさそうで、日本で一番エライ人だと思っていたから。

スクールカーストにとてもこだわりを持っていた僕が興味を持つのは今ではよく理解できる。

でも大人になって俗にいうリーダーってとても大変だなと感じます。

自分のどうしたい?やどうすべき?の心の声を整理しながら、それを周りから押しつぶされないようにするだけでも大変なのに。

学生時代のスクールカーストへのこだわりを捨てたら、周りと比較することが減り自分と対話できるようになった。

そんなありのままな自分でいることがこのごろ楽しい。

そういった自分を大切にしてくれる隣の人を大切にする。

 

おやすみなさい。

ちよさく.