Building block(仮)

新卒2年目の独り言.(2年目になりました.)

○仕事の悩み やらせるとかそういったことが嫌いなグダグダ

f:id:noxtuch:20170824224938j:plain
もうすぐ春。

この頃仕事で悩むことが増えてきた、、、。

大体、自分がしなければいけないメインの業務は一人で完結できるようになってきた。
自分で顧客開拓して自分で営業するみたいな、プレイヤーが自分の仕事。
とりあえず及第点には言った感じ。(後工程を考えての仕事とかまだまだ課題は山ほどやけど。)
っていいながら、自分が及第点とか言っている時点でできているところよりできていないところを見なければいけないのかもしれないけど、、、。
仕事ができるできないを決めるのは自分ではないもんなー。

でも、今回の悩みのタネは自分がプレイヤーではなくて、マネージャーみたいな仕事。
だからやってもらうことをお願いすることになる。
社会人になってこの考え方嫌だなーっていうものがあった。
「やらせている」「上司が言うのだからやらなきゃいけない」とか。
お互いにやらせてもらっている、やってもらっているの感覚のはずのに、
社会に出た瞬間に役職とか、年次とかで急に人に「やらせている」に変わったり、上からの指示は絶対とかが腑に落ちない。
もちろん、数字を立てないといけないのは受け止めているしそれに抵抗する気はない。
ただ、やってもらうはずなのに特に自分の頭で考えずにそのまま指示を下ろしてきたり、目的が不透明だったり、目的に共感できなかったりすると途端にモチベーションが落ちる。
特にこの頃その傾向が顕著で困る。

いろんな人に相談して、いろんな回答をもらった。
・メインの業務に集中しろ。
→ごもっとも。ただ期待してアサインされたからには何かの成果を出したいと思う。
・アホは相手にするな。
→話が分からない相手にいくら話しても無駄。よくわかるけど見下しているみたいでちょっと違う気がする。でも本当に大切なものに集中するのはめっちゃ腑に落ちた。
・ブームみたいなもの。
→そうやって社員みんながあきらめている、一つの目標に向かっていくエネルギー、上層部への信頼感などがなく、あきれている感じが寂しい。

あきらめたくない、何かにむかって歩み続きけていたい感じがする。

もちろん、ぐだぐだゴタク並べても最終的にやってもらうのが第一なので僕の納得感なんて不必要なんやろけど、そこへのこだわりは持ちたいと思う今日この頃。
むーん困ったな。。。

 

ちよさく.

のんびりした週末のぜいたくな悩み。

f:id:noxtuch:20180121111426j:plain



あけましておめでとうございます。今頃かい!笑

土日って何して過ごします??そんな話。。

京都に住みだしてもうすぐ一年です。
すみだして間もないころは京都に馴染みたくて買ったばかりの自転車で市内を走り回っていたんですが、徐々に慣れてきてあまり言ったことがない観光地も減ってきてます。
重ねてこの時期は寒いから自転車民にとっては億劫です。

趣味がカメラなのでどっか行きたいと思いながら、寒さに負けています。
去年の暮れからアマゾンプライムで映画、番組をあさっているのですがちょっとひと段落してきたところ。

www.amazon.co.jp

今日はFM802を聴いて自宅警備員状態です。
またいつものように映画見るかー。って感じでぜいたくな悩みの今日この頃。
文章で書き出していたら、やりたいことが見えてきました。

キッチンのシンクの下を片付けたい‼冷凍庫の霜取り‼‼今日のテーマはこれにします。

よい週末を♪

この文章なんやねんは許してくださいー!
自己解決の文章でした。

○仕事しながら気づいたことー仕組みはデジタルに、取り組みはアナログにー

f:id:noxtuch:20171123214422j:plain

久しぶりにすっきりしています。

社内の販売強化コンテストやPDCAレポートの提出などが概ねおわり、少しほっと一息。
締め切りに追われていない、休みの日とかめっちゃ久しぶり^^

遅めのもみじがりに行ってきました。もう今年は見えないかと思ってたのでめっちゃうれしい。休みの日は、忙しかったり雨が降ったり残念続きでしたがよかった。

なんとなく、やりたいことみたいなものも出てきたり。。。
就活時代にギラギラ学生たちが語ってた大きなものじゃないけれど、地に足がついてる感じとか、少しずつ取り組めそうな道筋が見えてきたのもうれしい。
ちょっとはギラギラ人種に対して抱えてた劣等感が払しょくできたかも。
自分らしく、等身大な感じが心地いい。

働いている職場が労働集約的なところやから、合理化・自動化って言われがち。
風潮としては見える化とか一般化とか「デジタル」や数値が重要視されがち。
より多くの人に対して効果が出る施策を求められる。
それはある意味正しくてやるべきことやと思う。
ただ、企画職や自分が第一線でお客様対応しないような「やってもらう立場」である以上、もっとアナログなところ(感情とか)を大事にしたい。
多くの人にやってもらうのは大事やけど、まずは目の前の人にやってもらえないと多くの人になんか展開できない。だからまずは目の前の人が納得感をもって仕事をしてもらえるような方法を考えるのが必要だと思う。それが仮にアナログが求められるなら手間がかかってもまずはそこに取り組むべき。
そんな中で「仕組みはデジタルに、取り組みはアナログに」をやっていきたいな。なんかすごい営業キャッチコピーみたいになっちゃった笑

言いたいのは、仕組みに指示される側の気持ちを吹き込む人かな。あかん、さらに怪しい‼‼笑。温かみのある仕組みをつくる的な。

プライベートも趣味の写真がめいっぱいできて幸せな休みでした。

ちよさく.

○京都に馴染もう活動-都ライト 京都らしい町家の灯り-

お久しぶりです。
ちよさくです。
10月は自分史上一番忙しく、やっとの休みでも雨だったりとなかなか外出できずにいました。
おかげで勉強になったこともあったけど、、、
その話はまた今度。

今回はこのイベントに足を運んできました。
「都ライト」ものすごーくカッコイイHPです。大正解でした‼‼こんな写真が撮れます。

f:id:noxtuch:20171113204814j:plain

色んなイベントがあるけど、応援したくなったイベントは初めてです。
たくさん人いるわけではなく、まばらな感じやけど流行りそうな感じ。
でも一方で、有名になるとそれはそれで良さをつぶしかねないような感じになったり。
なにより参加者が増えると写真が撮りにくい‼‼笑

f:id:noxtuch:20171113204958j:plain

f:id:noxtuch:20171113205109j:plain

テーマは「まちとあかり」を楽しむ。
京都の町屋が一番多い上京区で開催。期間は11月10日から3日間。
学生さん主催でやってて、近隣住民の方に交渉して協力しながらイベントの運営をしてるみたい。
京都に住む前から友達伝いにイベントをきいてて絶対に京都に住んだら行ってみたいと思っていたとこ。
実際に足を運んでみると、予想よりも広い!

会場が複数あって上七軒大国町の順番で行ったんやけど、それぞれが結構距離もあって迷いそうになったりしました。
メイン会場の大国町には石焼き芋やパンフレットをもらえる場所があります。
追記)上七軒にもあったみたいけど気づけず、、、。

でも、迷わないように対策もあり。
それぞれの辻で学生さんが寒そうに立ってて道案内をしてくれる。暗いし寒いし、めっちゃ助かるけど少し心配になりました。
主催側の丁寧さを感じました。

f:id:noxtuch:20171113205159j:plain

素晴らしいイベント。大盛況‼‼‼って感じで人がたくさんいるわけではない。イベントとかやると動員数がわかりやすい指標になって成功とかダメとか言われるけど、それだけではなくて参加者一人一人の満足感は高いと思うからそれに誇りを持ってほしい。来年も絶対足運びたいと思いました。

f:id:noxtuch:20171113205520j:plain

f:id:noxtuch:20171113205553j:plain

素敵なイベントありがとうございました.

都ライト'17 町家からもれだす暮らしの灯り

 

ちよさく.

○おすすめ映画~見終わった後に感想を言い合いたい映画~

f:id:noxtuch:20170916194020p:plain

今日は雨なので一日家で映画三昧。

3本目にみた映画がよかったので忘れないうちに記述。

www.amazon.co.jp

movies.yahoo.co.jp


7年前の作品だからか、公式HPはなくなったみたいです。

あらすじは、
書店員の夏樹(佐藤江梨子)が自分の経験を反映して作った独自の本棚が好評を呼び、その本棚に魅了された客で店内はにぎわっていた。ある日、その中の客で中年の女性が事件を起こし、それが縁で夏樹は彼女の息子、光治(柳楽優弥)と出会う。光治も本を支えに生きていることを知り、二人はかけがえのない関係になっていく。(出典:YAHOO!映画)

良かったというか、とても考えさせられる要素がたくさんあった。

①正義

万引きはダメだと思っていても、身内が万引きしたら、それを警察に突き出すことができるのか?

②なりゆき

真実の愛を探しながらも、成り行きでセフレ関係を続けている主人公。

③好きと売れる

芸術家(何かを生み出す人)は自分が好きなことをするのか。売れることをするのか?

④理性と性欲

頭ではわかってても行動にならないことに対して、今すぐに答えを出そうとする光治に若さを感じた。

コドモからオトナになる時ってあきらめることを覚えたときやって聞いたことがあるけど、どんな決断に対してもなんとなくや成り行きではなくて「なにか」をもって決断したいと思う。そうすると、何があっても当時の決断をした当時の自分を恨まないと思う。時にはあきらめも必要かもしれないが、そのあきらめを決断する時にも何か持っていたい。

 さあ、もう一本みよ^^

 

ちよさく。

○京都に馴染もう活動-狸谷山不動院は体力勝負-

6月ごろに、狸谷山不動院に行ってきました。
基本は自転車移動なんですけど初めて京都に来て、自転車を手放しました。
というのも、かなりの坂。とにかく山を登る気持ちで行くべし。(自動車用の駐車場もあります。)

f:id:noxtuch:20170904214708j:image

到着するとまず、これ。京都に来てからこういうものを見るのが好き。

f:id:noxtuch:20170905204337j:plain

ようこそって言われている気がする。はじめはかわいい狸が徐々に増えてきて。

f:id:noxtuch:20170905203842j:plain

そして到着すると無数の狸が迎えてくれます。f:id:noxtuch:20170904214203j:image

f:id:noxtuch:20170904214133j:image狸、たぬき、タヌキ、、、

f:id:noxtuch:20170904214355j:image

すいこまれそうな鳥居もある。

f:id:noxtuch:20170905204221j:plain

途中には七福神

f:id:noxtuch:20170904214610j:imagef:id:noxtuch:20170904214623j:image

f:id:noxtuch:20170905205044j:plain

f:id:noxtuch:20170905205335j:plain

f:id:noxtuch:20170905205401j:plain

登りきったら、250段の階段。ここでもところところ狸が迎えてくれます。

f:id:noxtuch:20170905204111j:plain

石段スタート。f:id:noxtuch:20170904214748j:imageカウントダウン狸。f:id:noxtuch:20170904214818j:imagef:id:noxtuch:20170904214949j:image

 お前、頑張ったやん‼‼のもーや!と言われた気がしました笑(下戸なのでお酒はダメです。)登りきるとこんな建物が。本殿みたいですね^^

f:id:noxtuch:20170905203216j:plain

たくさんの札が、、。無病息災。

f:id:noxtuch:20170905203707j:plain

気になったのはこれ。おもしろそうなイベント。

f:id:noxtuch:20170905203943j:plain

常設かな?でも周りに滝は見当たりませんこれは不思議なまま終わったから詳細を知りたい。奥に入ってみるとちゃんと施設あるみたい。気になる。

f:id:noxtuch:20170905204445j:plain

f:id:noxtuch:20170905205232j:plain

f:id:noxtuch:20170905204401j:plain以上、狸谷山不動院でした。

---

行った日に書くのがいいですね。思い出しながらも浸れるからいいけど、どうしても写真頼みになってしまう。今後はすぐ書こう。

ちよさく。

○京都に馴染もう活動-姉小路行灯会の雰囲気が好き-

一昨日はこんなイベントに行ってきました。

その名も「姉小路行灯会
正直、大正解でした‼‼こんな写真が撮れます。

f:id:noxtuch:20170828215035j:image

こんなイベント

毎年やっているらしく、あまり規模は大きくないけどしっとりと楽しめるイベント。たくさん人集めるぞー‼‼って感じではなく夏の夕べを楽しみましょうみたいなイベント。お客さんの層も近所の家からつっかけだけで出てきたみたいなおっちゃんおばちゃんや、学校帰りの大学生、早めに帰ってきたお父さんとその家族、たまに外国人と観光客といったような感じ。あえて規模拡大に走っていない感じや町の人が作り上げているような雰囲気が漂います。こういうイベント大好きです。

僕も当日にたまたまWEBで見つけて、自転車を飛ばしてきました。
道路3ブロックぐらいを行灯が並んでいます。メインの場所は車両規制、お琴の演奏などが聞けて観覧席もあるみたい(無料)。その場でちょっとしたビールの販売と氷のプレゼントをしていました。

自転車ユーザーにとってはあまり優しくないイベント。路上に放置してみるので少し心配。自転車置き場とかはありません。ただ、小規模なので短時間なら大丈夫かなーって思いながら写真撮っていました。

行灯もいくつか種類があって、近くの京都御池小学校の児童が書いた絵のものや版画っぽいデザインなど一つ一つ見ると見ごたえがあります。

f:id:noxtuch:20170828215123j:image

f:id:noxtuch:20170828215141j:image

f:id:noxtuch:20170828215159j:image

 

行灯や灯篭を京都に来てからとることが一気に増えました。
前回の「京の七夕」よりは少しうまく取れるようになりました。にしても、行灯って暗闇にぼやーってひかるあかりがとっても落ち着くし、優しい気持ちになります。
欲を言うと、仕方ないんやろけど、車道の白線がフォトジェニックさを低下させています。笑
きっと道交法とかでルールがあるんやろな。

f:id:noxtuch:20170828215225j:image

にしてもとっても満足のイベントでした。こういうイベントにもっと出会いたい。来年あまり人が増えませんよーに。

 f:id:noxtuch:20170828215333j:image

(出典:上記URL)

ちよさく